非正規雇用者を正規雇用に替えようとする政策手段が講じられて時々、一部の大企業の求人募集でそれに呼応する動きが見られるものの、国の統計データで見る限り相変わらず非正規雇用が

パートを含む非正規雇用者の社会保険加入メリット、デメリット
このエントリーをはてなブックマークに追加
パートを含む非正規雇用者の社会保険加入メリット、デメリット

パートを含む非正規雇用者の社会保険加入メリット、デメリット

非正規雇用者を正規雇用に替えようとする政策手段が講じられて時々、一部の大企業の求人募集でそれに呼応する動きが見られるものの、国の統計データで見る限り相変わらず非正規雇用が減るどころか、増え続けており、遂に働く者の4割を超すまでになっています。近年、非正規雇用の中でもパート勤務者の増加が顕著で、短時間労働の時間給で働くパート勤務者が小売業や観光関連業のようなサービス業の経営側にとって極めて都合の良い存在となっていることが分かります。

また一方で、主婦が家計の足しにしようとして所得税や地方税の課税対象となる年間所得103万円や配偶者の扶養家族から外れて社会保険料支払い対象となる年間所得130万円の壁などを意識し、毎月の労働時間をカウントしながら働いているパート勤務は日常生活で空いた時間を有効活用しようとする者にとっても便利な働き方でもあるようです。しかしながら、国が社会保険料を払わないで済む制度上の隙間をいつまでも見逃し続けていれば国の税収減につながるわけです。

実際に毎年、少子化や労働人口の減少が続き、税収減を放置しておけなくなってきたため、いよいよ、一定規模の企業で労働時間数等が一定の条件に適合すればパート勤務者始め非正規雇用者全ても社会保険料支払い対象に組み込まれる法律改正が行われ、来年から適用されることになっています。パートで就職する人が心しておくことですが、社会保険に加入することでメリットが生じることにも目を向けるべきです。

Copyright (C)2016パートを含む非正規雇用者の社会保険加入メリット、デメリット.All rights reserved.